アルコールパッチテストのやり方

広告

お酒の強さの話

お酒が飲めるかどうか、またお酒に強いか弱いかなどの体質・形質は遺伝で決まっていて、主にアセトアルデヒドの分解酵素の型によって決まっていると言われています。

なので単純にお酒に強い親からはお酒に強い子が、
お酒に弱い親からはお酒に弱い子となるのではないか?と思っていました。

ですが、実際に日常会話で、あなたはお酒飲める?飲める場合は強い方?と聞いてみると
父親が飲める人だから、自分も飲めるよ」だとか
母親は飲めないけど、自分は強い方よ」などいろいろなパターンの
答えが返ってくることがあると思います。

なぜいろいろなパターンの答えが出てくるのかなと不思議に思ったので、その原因を解明して疑問を解消したいと思います。

パッチテストの手順

まずは、アルコールパッチテストのやり方の紹介です。

  1. 絆創膏(軟膏などがついていない物)に、市販の消毒用エタノールを少量しみこませる。
  2. しみ込ませた絆創膏を腕の内側に貼る。
  3. 7分後に剥がして5秒以内に肌の色を確認する。
  4. 10分たった後にもう一度肌の色を確認する。

アルコールパッチテストでは、濃度70%ほどのエタノールを使用します。

濃度の低いアルコールを使用すると体内の酵素とうまく反応できず、
正しい結果が得られないためです。

同期と後輩と一緒にやったときには、何%アルコールか分からないものを使ったため、誰にも反応せず、あれ?もしかしたらみんな強いのか??と何とも言えない空気になったので正しい結果を得るためにも何%のものを使っているかご確認の上、テストをやってみてください。

パッチテストの結果判定

①肌の色に変化なし→ALDH2活性型

絆創膏をはがしガーゼの部分が赤く変化しない人は、
体内でアルコールを分解する力が強いタイプです。

一緒に飲んでるときにあまりもどんどん飲まれると驚きますので
ほどほどにして飲んで貰えると嬉しいなと思います。
また、お酒を飲む量も機会も多くなりやすいと思うので体を労りながらお酒を飲んで貰えたらなと良いと思います。

②肌が10分後に赤くなる→ALDH2低活性型

絆創膏をはがしガーゼの部分が赤く変化した人は、
アルコールを分解する力が弱いタイプです。

飲酒すると頭が痛くなったり気分が悪くなりやすい傾向にあるとされます。
二十歳になってからお酒を飲むのが好きでなければ上手に断るか、無理して飲まずに楽しく過ごすことが大切だと思います。

③肌がはがした直後に赤くなる→ALDH2不活性型

このタイプの人はお酒が苦手なタイプです。

無理に勧められても極力断るようにしておくとあとから後悔しなくて良いんじゃないかなと思います。
ノンアルコールの飲み物もたくさんあるので、そちらで一緒にお食事とおしゃべりを楽しめれば良いんじゃないのかな?と思います。

パッチテストの原理

アルコールのついた絆創膏を皮膚につけることで、
皮膚にあるカタラーゼという酵素によってアルコールが酸化され、アセトアルデヒドができます。

量は肝臓には及びませんが肝臓だけでなく皮膚にもALDH2があります。

ALDH2の活性が高ければ、アセトアルデヒドがすぐに代謝されるので、
肌を赤くすることがありません。

パッチテストで皮膚が赤くなるのは、
アセトアルデヒド脱水素酵素ALDH2の活性が低い、もしくは欠損しているために、アセトアルデヒドの蓄積で毛細血管が拡張して血の流れが多くなったからです。

ALDH2とは?

ALDH2とは、
アセトアルデヒド脱水素酵素のことです

摂取したエチルアルコールの代謝によって生じるアセトアルデヒドを、
酢酸に分解する代謝酵素で、アルデヒドデヒドロゲナーゼとも呼ばれています。
アルデヒド脱水素酵素の一種です。

Glu型のALDH2→アルデヒドを酢酸に分解可能

Lys型のALDH2→アルデヒドを酢酸に分解不可能

両親からどの型のALDH2を受け継ぐかで以下の様に分類されます。

お酒が飲めるよGlu-Glu型

お酒はまぁまぁなGlu-Lys型

お酒は苦手なLys-Lys型

それぞれ上から実験結果の①②③に対応しています。

両親がそんなにお酒が得意じゃないGlu-Lys型体質であっても

母と父から一個ずつGluを受け取って子はGlu-Glu型体質でお酒は得意だということがあり得るわけです。

終わりに

このアルコールパッチテストを行うことで、
自分がお酒を飲める体質かどうかだけでなく自身がアルコールアレルギーかどうかも
簡易ではありますが知ることが出来ます。

お金を掛けずに手軽に実験して自身の体質を知ることが出来るので、
是非一度やってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました