マンウィズロゴのiPhoneケースを作成

ゲームボーイマクロの外装塗装をしたのが楽しかったので

初心者なのでうまくできるかは分かりませんが今度はいろんな色のスプレーを買ってきてiPhoneカバーを塗装してみる事にしました。

マンウィズのロゴを使って、練習してみようと思っていて、色はカミカゼボーイのメンバーカラーの青と黄色の2色でスプレーしていきたいと思います。

準備した物

  • アイフォンケース
  • スプレー缶
  • サーフェイサー
  • マスキングテープ(太いものと普通のサイズのもの)
  • 紙やすり

100均にiPhone6/6s/7対応のケースが売っていたので、試し塗りの費用を抑える事ができました。

今回使うスプレーの黄色はクロームイエロー、青色はブルー、クリアーはパールクリアーを使用しています。

下地作り

まずは下地を作ります。買ってきてそのままのアイフォンケースは
表面がつるつるしていてスプレーしても塗料が弾いてしまうので、
紙やすりでまんべんなくやすり掛けをして下地をすこし荒らしておきます。

その後、裏面に色が付かないようにマスキングテープを貼って
灰色のサーフェイサーを三回ほど重ね塗りをしました。

iPhoneケースのしたに紙コップをおいて塗装することで
カーブしてる部分にも綺麗に塗装することができます。

黄色を塗る

模様の細かい部分になる黄色から塗っていきます。

黄色の上に青色をぬってクリアも吹くので厚塗りしすぎると、
きれいに仕上がらないので下地の色が透けない程度の厚さになるように、
4回塗りました。

マスキングテープで、模様を貼る

塗った黄色が乾いたら今度はロゴの形に切ったマスキングテープを貼ります。

すこし下地の黄色にムラがあるようにも見えますが、上から青を塗ったら
ほぼ隠れてしまうので、色ムラを解消せずそのまま次の作業に移ります。

黄色の塗装面に黄色のマスキングテープなので見えくくなってしまいました。
ここで貼った通りに模様が現れるのでバランスを見ながら
マスキングテープで作ったロゴを貼っていきます。

青色を塗る

全体の色になる青色を塗っていきます。

完成した時に一番目に付く部分なので、
ほこりや髪の毛、気泡が入っていれば、

紙やすりですこしずつ取り除きながら、
三回重ね塗りしました。

表面のマスキングテープを剥がす

表面のマスキングテープをすべて剥がしました。
よくみると黄色の部分に青い線が所々にうっすらと入ってしまっています。

ロゴマークを型どるときに、太いマスキングテープでも
全てをカバーしきれずロゴを三分割して作ったので
そのつなぎ目から青のスプレーが毛細管現象でしみ込んだのが原因だと思もいます。

このしみ込んでしまった所は、綿棒に溶剤をしみ込ませてやさしくなでると
薄くなって目立たなくなりました。
クリアを吹く前にこのミスに気が付けたので良かったです。

最後にクリアを吹いて完成

滲んだところをリカバリーしたとはいえすこし跡があって気になるので
パールクリアーでキラキラさせてごまかすことにしました。

これが良かったようで、かなり目立たなくなりました。
次回スマホケースを作るときは、今回発見できたミスに気を付けて
作っていこうと思います。

以上、邦ロック(マンウィズ)スマホケースの作り方でした

タイトルとURLをコピーしました