【夏フェス】後悔を元に次回は必ず持っていくべきものリスト

夏になると、全国各地で様々なイベントが開催されていますが、その中でも、夏フェスの楽しさは特別です!

好きなバンドやアイドルの”生”の音をおもいっきり体験して欲しい!と思います!

しかし、万全を期して臨みたいけど、何を準備しておけば良いのか分からず荷物がたくさんになってしまい思いっきり楽しめなかったら嫌だなと思う人もいるかもしれません。

そこで、夏フェスに行ってみて次回は必ず持っていこうと思った物を紹介したいと思います。

今回は、「日帰り夏フェス」を想定してリストを作成しました。

  • チケット
  • お金・交通系IC
  • 身分証明書・保険証
  • 水分・塩分
  • スマートフォン(携帯電話)
  • モバイルバッテリー
  • レジャーシート
  • タオル
  • ボディシート
  • 帽子・日焼け止め
  • 常備薬・絆創膏・ゴミ袋
  • バッグ

チケット

まずは、チケットがないと始まりませんので一番最初に準備しましょう。

準備万端にして会場に行ったのに、チケットがなくて入れないなんてなったら大変です。

チケットを忘れてしまった為に、当日グッズを買うために持ってきていたお金で当日券を買って入場したという話も聞きましたが、自分のミスがショック過ぎてその人は一日遠い目をしていたそうですよ笑

お金・交通系IC

グッズを買うためや会場に向かうまでの交通費など、意外とお金を使う場面が多いです。

夏フェスでは普段使っている財布を持って行って無くすといけないので、多めの現金と保険証など必要最低限のものをもったら他は家に置いてきます。

なので、普段使いの大きい財布ではなくアウトドアブランドから出ている様な小さい小銭入れだとかさばらず大活躍します。

また、会場付近の交通機関は大変込み合うので、ぎりぎりまで会場で楽しんで帰りたい人には交通系ICにいくらかチャージしておくことをお勧めします。

身分証明書・保険証

チケットに身分証明書の提示を求めることを書いてあるので、こちらも忘れずに普段の荷物からライブ用に入れ替えておきましょう。

炎天下の下、長時間すごすので体調を崩すかもしれません。もし何かあったときのために念のため保険証を忍ばせておくと安心です。

MWAMのジャンケンちゃんもMCで、「暑イデスカ?暑イデスネ!暑イノデ気ヲツケテクダサイ!水ヲ飲ム。無理ハシナイ(めっちゃカタコトで)。……水ヲ飲ム。無理ハシナイ。…水ヲ飲ム。無理ハシナイ」 といってましたからね!笑

水分・塩分

というわけで、水分がとても大事です。笑

スポーツドリンクでもいいのかもしれませんが、個人的なおススメは麦茶が一番いいかなと思ってます。

前日のうちに半分だけペットボトルにそそいで倒して凍らせておくと冷たいまま持っていけてよかったです。

たくさん汗をかくので熱中症対策に、塩飴や塩タブレットを何個か入れておくとちょっと暇だなって時に食べておくといいですよ。

スマートフォン(携帯電話)

もはや、生活の必需品となっているスマホについては特別コメントはありません。

かなり熱を持ち汗により湿気を帯びるのでそこの対策が必要かもしれません。

モバイルバッテリー

普段スマホを触っているときより、充電の減りが早い印象があります。

フェス飯の写真を撮ったり看板の前で記念写真を撮ってインスタやツイッターにあげたり、ライブ実況をツイッターでしてみたりしているうちにスマホの充電はどんどんなくなっていきます。

途中で充電がなくなると連絡すら取れなくなりますから、モバイルバッテリーは荷物にはなりますが、必須なアイテムだと思います。

おすすめは、アンカーのモバイルバッテリーです。めっちゃ充電が早い気がします。

レジャーシート

夏フェスの印象は、めっちゃノリノリで、ある人はツーステなんかしたりしてずっと立ったままのイメージでした。

実際行くと、アーティストさんによっては聞かせる優しい曲を演奏する方もいて

その時はみんな座ってゆったり曲を聴くという場面がありました。

地面に直接座るより一畳分ぐらいの大きさのレジャーシートを持ってきておけば良かったと思いました。

また、レジャーシートによって場所取りの役目をはたす役目にもなります。

あるグループの一人が途中でどこかに行って帰ってくる様子もみられたので、これは必須だと思います。

周りは前にいきたい人がほとんどですから、自分が席を外してどこかに行って空いたスペースが戻ってきた後空いてることは少ないでしょう・・・orz

会場によってそれぞれルールが決まっている場合があるので、ルールを守って楽しくフェスを楽しみましょう。

タオル

曲によってはタオルをぶんぶん振ったりしますし、汗を拭く用途はもちろん日よけとして使ったり、いろんな使い方をするので好きなアーティストさんのマフラータオルを一つとちょっと大きめのタオルの二種類を持っていくといいと思います。

ボディシート

一日中外にいるので汗かいて顔や体がベタベタになってしまうので、そのまま帰るよりベタベタをふき取ってスッキリ気持ちよく帰りましょう。そのためのボディシートです。

ちょっともったいない気もしますが汚れた時にウェットティッシュ代わりにも使えますので、メンソールの強すぎるものよりふつうか少し強いくらいのものを持っていくとよさそうです。

帽子・日焼け止め

炎天下で頭の装備を何もしないというのは無防備だと言えるでしょう。

夏らしいストローハットや、探検家っぽい帽子をかぶっている人を良く見かけました。

日差しが強くなくても紫外線は地表まで届いているので家に帰ってヒリヒリして痛くないように日焼け止めを持っていってこまめに塗りましょう。

常備薬・絆創膏・ゴミ袋

普段、薬を飲んでいたりする人はその薬を忘れずに。

靴ずれやちょっとした切り傷ができた時のため、2~3枚、持って行っておくといいと思います。

会場で買ったグッズの袋や、ボディシートなど何かとごみが出るのでちゃんと持ち帰れるようにゴミ袋を持って行っておきましょう。中くらいかちょっと大きいレジ袋が何枚かあれば何かと便利です。

バッグ

バックは二種類持っていくと会場で荷物を分けたりしなくて済むし、忘れ物もしなくていいと思います。クロークには貴重品は預けられないので一つはリュック、もう一つはボディバックみたいなものを持って行っておいて貴重品やケータイなどをボディバックに入れ、リュックにその他雑多な道具を収納しておくとよいと思います。 

タイトルとURLをコピーしました