1弦ベースギターを自作してみたい

ディッドレイ・ボウ ( Diddley Bow)と呼ばれたり、
ジョントスティック(Djent Stick)と呼ばれる自作ギター/ベースを自分も作ってみようとおもう。

広告

ディッドレイ・ボウについて

ディッドレイ・ボウ: Diddley Bow)はアメリカ合衆国の単弦楽器で、ブルースの発展に影響した。硝子瓶の上に2つの爪をとして立て、そこに弦を張る事で音量を大きくする。伝統的にアメリカ合衆国南部の子供達の入門用楽器と考えられていた。アフリカ系アメリカ人集団と南部の田舎以外では滅多に聞けなかった。[1]この楽器の他の渾名は「ジターバグ」や「一弦」だが、音楽民族学者は公式に単弦ツィターと呼んでいる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A6

ウィキにも書いてあるように、昔は子供の入門用楽器だったくらいなので、
自分で作ってみたとしてもわりと簡単に作れそうだなと感じました。

完成のイメージを固める。

「1弦ギター」で調べると検索結果には、小学生向けの簡単な工作用しか出てこず
「one string guitar」でしらべると、英語ばかりで心がおれるという結果に終わりました。

なので今度は、「1弦ベース」と調べてきた所、 アトランシアの1弦ベースが検索結果にでた。 細長い棒に必要パーツを繋げたシンプルなものだった。

検索する過程で、ジョントスティックの存在もしり、シンプルなこの構造を先人の知恵を借りつつ製作していこうとおもう。

準備するものについて

ボディとネック

ボディというかネックというか全体のベースとして、本物のギターに使われるような硬い木材を使いたかったのですが、板材だと高くて入手できなさそうなので、

代わりに、鍬の柄を使って3弦のベースを自作されている方がいたので、その案を使用させていただこうと思います。

ペグやブリッジ

ペグやブリッジは、Amazonかどこかで安いパーツを仕入れてこようと思います。
ペグは六個セットとかで売ってそうですし、ブリッジは繋がってるものしか見たことないですが、単体の物がどうやら存在している様なので
それをどうにか入手できればいいなと考えています。

電気系統

トーンやボリュームのコントロールポットもつけてみたいなとは思っていますが、着けるスペースがあるかどうか謎です。
楽器用が理想ですが、電子工作用にもあるので入手は簡単そうです。

ピックアップ

問題はピックアップで、一弦用ピックアップを調べてみた限り、
販売されてるものがなく、自作されているか六弦の物を流用してる人が多いので
実際作るときは、どうしようか悩み中であります。

タイトルとURLをコピーしました