マンウィズロゴのiPhoneケースを作った

ゲーム機の外装に塗装していて、スプレー塗装するのが思いの外楽しかったのでたくさんスプレーを買ってきてiPhoneカバーをペイントすることにしました。

マンウィズが好きなのでマンウィズのロゴを使って、色はメンバーのカミカゼボーイカラーの青と黄色の2色でスプレーしたいと思います。

準備した物

  • アイフォンケース
  • スプレー缶
  • サーフェイサー
  • マスキングテープ(太いものと普通のサイズのもの)
  • 紙やすり

黄色はクロームイエロー、青色はブルー、クリアーはパールクリアーを使用しています。

下地作り

まずは下地を作ります。買ってきてそのままのアイフォンケースはつるつるしていてスプレーしても塗料がはじいてしまうので、紙やすりでまんべんなくやすり掛けをして下地を荒らしておきます。

そのあとに、裏面に色が付いてはいけないので、マスキングテープを貼っていきます。

スマホケース程度だったらしなくてもいいかなとは思いましたが、塗装する練習もかねているので灰色のサーフェイサーを三回ほど重ね塗りをしました。

iPhoneケースのしたに紙コップをおいて塗装することでカーブしてる部分にも綺麗に塗装することができます。

黄色を塗る

模様の細かい部分になる黄色から塗っていきます。

黄色の上に青色をぬってクリアも吹くのであまり厚塗りすると、きれいに仕上がらないと思ったので下地の色が透けない程度の厚さになるように、4回塗りました。

黄色を塗りました

マスキングテープで、模様を貼る

塗った黄色が乾いたら今度はロゴの形に切ったマスキングテープを貼ります。

すこしムラがあるようにも見えますが、ほぼ隠れてしまうのでそのまま次の作業に移ります。

黄色の塗装面に黄色のマスキングテープなので見えにくいですが、ここで貼った通りに模様が現れるのでバランスを取りながら型どったマスキングテープで作ったロゴを貼っていきます。

ロゴを貼ります

青色を塗る

全体の色になる青色を塗っていきます。

青色を塗ります

完成した時に一番目に付く部分なので、ほこりや髪の毛、気泡が入っていれば、紙やすりですこしずつ取り除きながら、三回重ね塗りしました。

表面のマスキングテープを剥がす

マスキングテープを剥がした

表面のマスキングテープをすべて剥がしました。よくみると黄色の部分に青い線が所々にうっすらと入ってしまっています。

ロゴマークを型どるときに、太いマスキングテープでも全てをカバーしきれず、ロゴを三分割して作ったのでそのつなぎ目から青のスプレーが毛細管現象でしみ込んだのが原因だと思もいます。

このしみ込んでしまった所は、綿棒に溶剤をしみ込ませてやさしくなでると薄くなって目立たなくなりました。クリアを吹く前にこのミスに気が付けたので良かったです。

最後にクリアを吹いて完成

スマホケース完成

本当は普通のクリアをぬる予定だったのですが、滲んだところをリカバリーしたとはいえすこし跡があって気になるのでパールクリアーでキラキラさせてごまかすことにしました。

これが良かったようで、かなり目立たなくなりました。次回スマホケースを作るときは、今回発見できたミスに気を付けて作っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました