三色に変化する魔法のお茶【バタフライピー】

先日、大量にバタフライピーを購入してしまったので引き続きバタフライピーを使って実験していきたいとおもいます。

バタフライピーとは

多年草だが、冬までに寒さで枯れてしまうことがあり、一年草として扱うことが多い。原産地であるタイではอัญชัน (アンチャン)と呼ばれるほか、英語圏ではバタフライピー(Butterfly pea)と呼ばれている。また、中国の広州では、「藍胡蝶」と呼ばれる。 葉は飼料、未熟豆は食用に使われることが多い。(以下略)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%83%A1

準備したもの

こちらを使って、 色を変える実験をします。

  • バタフライピー
  • クエン酸
  • 重曹
  • かき氷シロップ(イチゴ・メロン)
  • 紙コップ

今回、クエン酸と重曹を使う理由は以下の通りです。

酸性の食品は食酢やレモン汁などが有名ですが、
どちらも匂いだったり他の成分が混ざっているかなと思ったので、クエン酸を使います。

アルカリ性の食品はあまり聞かないので、
簡単にアルカリ性にできるものとして、重曹があったのでこちらを使うことにしました。

どちらも食品用の物を使用しているので、バタフライピーティーに加えたあとに
飲むことは可能ですが、
クエン酸を入れたものは、すっぱすぎて飲みづらいし
重曹を入れたものは苦くてこちらも飲みづらいです。
ですので、それぞれクエン酸や重曹を加えて混ぜた後、 甘味をつけるためにかき氷シロップを使います。

実験準備

まずは、バタフライピーティーを淹れます。

後で薄めても使えるようにお湯2リットルに対して花びらを10個くらい入れて濃いめに作りました。

バタフライピー準備完了

だいたい、このくらいの青~紺色になれば花びらを取り出して冷蔵庫に冷やしておきます。

この冷蔵庫で冷やしておく事が後ほど大事な要素になります。

ここまで準備が終われば
バタフライピーを淹れた後は他にする準備はないので、実験開始です。

実験開始

色の変化①

まずは、三つのコップにバタフライピーを注ぎます。
左からA、B、Cとします。

実験前のバタフライピー
左からA、B、C

そして、ここにAとBと書かれた袋にクエン酸と重曹を用意しました。

どっちがどっちかわからなくなった?

それをAとBのコップにそれぞれいれていきます。

A、B、Cとラベルを付けて 実験を始めよう

Aにはクエン酸が入ってました
綺麗なマゼンタ色に色が変わりました!

Bには重曹が入っていましたが、
もともとのCの色が、かなり緑色よりだった為、変化が分かりにくいですが、
比べてみるとなんとなく、エメラルドグリーンがモスグリーンのような色に変わっているように見えます。

色の変化②

クエン酸を入れてマゼンタになった A と重曹を入れた B を1つにします。
酸性+ アルカリ性 = 中性
になるので、元の青色のバタフライピーの色に戻るはずです。

混ぜると色が変わっていくぞ
紫になってしまった笑

今回は、クエン酸の量が少し多かったせいで赤が強くなり紫っぽくなってしまいましたが
実験としては大成功です!

色の変化③

色の変化がわかりにくかったので、もう一度少量作って①と②をやってみました
今度は色の変化が良くわかるようにできたと思います。

綺麗に三色に変わった!
こんなに綺麗になるならもう一回やった甲斐があった。

マゼンタがクエン酸をいれた色で、ターコイズグリーンが重曹を入れた色です。
サファイヤブルーがクエン酸と重曹を合わせて中和させた色です。
今度は、めちゃくちゃ綺麗に色を作ることが出来たのでこれで本当に実験大成功です!

クエン酸と重曹を使う本当の意味

クエン酸と重曹を合わせて中和したことで綺麗なサファイヤブルーになったバタフライピーですが、よーくさっきの写真を見てみるとなんだかコップのふちに、泡が付いているような感じがしませんか?

これはクエン酸と重曹を混ぜたことで二酸化炭素ができていて、
バタフライピーが炭酸水になった様子が写真に写っています。

だから、初めにバタフライピーを作ったとき冷蔵庫で冷やしておいたのです。
常温だとせっかくできた炭酸水も美味しくないですからね。

あふれる炭酸
ちょっとクエン酸を入れすぎではありますが笑

他にも……

酸性、アルカリ性で色が変わるもので有名なものとして、リトマス試験紙がありますが、
これは、リトマスゴケという苔の仲間から作られていて簡単に酸性・アルカリ性が判定できるため小学校などの実験でよく使われています。

身近なものでは、紫キャベツの煮汁を使うことで生活で使っている物の酸性・アルカリ性を調べられます。自由研究では、一時期メジャーな実験だったようです。

また眼精疲労に良いといわれるブルーベリーにも紫キャベツと同じように、アントシアニンが多く含まれているため、ブルーベリーの汁でも同じように実験することが出来るかと思います。

結果の後

本当に要るか?と聞かれたら、返事に困ってしまいますが
pH試験紙とかpH測定器があったら数値として調べられるのになと思いました。

そしたら、 ムラサキキャベツやブルーベリーとバタフライピーとの比較ができて
いいかもしれないなーと思っています。

まだまだたくさんバタフライピーが残っているので、これから活用法を探してまだまだ遊んでいこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました